HOME > よくある質問(Q&A)

よくある質問(Q&A)

矯正についての基本

矯正って必要なの?

年に数回は受ける質問です。よく聞くと、ほとんどの場合は、校の検診で不正咬合を指摘されたが、今は興味がない、大丈夫でしょうかというものです。これに対し、究極的には死に至るものではないと説明するとなぜか安心して帰っていかれます。竹を割ったようなさっぱりした話しで、それはそれでいいと思います。

あと少ないながら、”矯正治療をする意義”という根源的な事について訊ねられる場合もあります。これに対しては

歯周組織の健康面
審美(見た目の美しさ)面

に関する価値観についての話しになると思います。

矯正治療は唇顎口蓋裂や顎変形症を除いては国民健康保険の対象外です。つまり国から病気とは認められていないということを意味します。不正咬合は臓器の疾患ではありませんよということですね。これだけ財政状況の逼迫した我が国においてはこの認識は仕方ないかもしれませんが、不正咬合は虫歯や歯周病などのリスクファクターになる場合があるので、疾患予備軍ということもあるのです。

矯正治療をしなくても、定期的に歯科を受診して予防に努めていれば、歯周組織の健康という面で問題は大きくないと判断できる時もあれば、奥歯が内側に倒れ込んで咬み合わせが深くなり、歯周組織の予後について心配になるケースもあります。矯正治療をした場合としなかった場合でどれくらいの差が出るか、定量的な値をはじき出すのは困難なので、治療した方がベターであることに価値を見いだせるかどうかが鍵になると思います。

そしてもうひとつは審美面。審美的なことに関しては、社会的ニーズの変化も大きく関係してくると思います。歯は臓器から目鼻立ち扱いへと少しずつシフトしてきているのも確かです。欧米、特に米国、それから隣の韓国はこの意識は日本より高いように思います。歯並びは彼らにとって、人生の行方を左右するほどの社交術の根幹を為しているとさえ言えるので、ここに価値観を見いだしている人も確実に増えています。

余談ですが、アメリカのオーディション番組(アメリカンアイドル、アメリカンダンスアイドル,etc)などを見ていると、専門家から見ても見事な歯列のオンパレードです。比較的矯正治療が簡単な顎態をしている西洋人であることを差し引いても、すごいなあと正直思います。矯正治療中の出演者も結構いて、ダンスアイドルでは準決勝までずっと歯にブレースをつけていた人が優勝しました。決勝の当日、装置もとれて、応援していたこちらも別の意味でホッとしました。

●ブログ:Takaorthologyに関連記事
2010.4.09    Coffee Break:歯顔 ---スマイル・歯の見え方など---

歯並びの悪いのを放置したらダメ?

次の点からお勧めはできません。

虫歯:ガタガタの歯並びは歯垢(プラーク)が付きやすく、また歯ブラシの先もそこに届きにくいので、虫歯になりやすい環境が放置されることになります。

歯肉炎:そうして付着したプラークは大量の細菌を中に含んでいます。この細菌の出す炎症性の物質で歯茎は赤く腫れ、時には痛みを伴う、急性の炎症を起こし、時に慢性化します。

歯周病:プラークが慢性的に付着するとそれが歯石となり、細菌が毒素を産生する環境が持続します。この毒素は歯茎の下の骨(歯槽骨)を溶かし、吸収が進む、歯周病を引き起こしてしまいます。また、咬み合わせが悪く、一部の歯牙に咬合力が集中するような状況は、歯周病の進行を早め、骨の吸収が進みやすくなります。これは歯牙の喪失につながってしまうのです。

口呼吸によるリスク:前歯が飛び出した状態は口唇を閉じにくく、口をあけて呼吸する口呼吸が定常化しています。通常であれば、口の中は唾液で環流され抗菌性が発揮されるるのですが、口呼吸はこれが低下します。その結果、上記のような虫歯・歯肉炎・歯周病というリスクに常にさらされることになります。

発音:不正咬合の種類によっては、正確な発音を妨げることがあります。

成長:成長期の不正咬合は良好な骨格の生育・発達を妨げ、顔貌にも影響を与えることがあります。

子供の場合、いつ見せにいったらいいか

気になったときはいつでもOKです。

ただ、子供さんの不正咬合は症状、年令によって最適な治療開始時期が異なるのが普通ですので、必ずしもすぐに治療が必要というわけではありません。定期的な観察を行いながら、その時期まで待つということも多いのです。

比較的早めのアプローチが必要な反対咬合(受け口)の場合は、大人の前歯に生え変わる5~6才頃に保護者の方も気になりはじめると思われますが、そのまま9~10歳まで放っておかないほうがいいかもしれません。

ですので、総論として、一度お近くの矯正歯科専門の先生に相談に行かれて、現状での問題や今後の見通しなどについて長期的な視点に立った正しい情報を得ておくことがとても大切だと思われ、それだけでも不安の一部は解消されるかもしれません。

初診・相談の料金は?

初診・相談は無料です。

ただし、まれにですが、萌出遅延などがあり、パノラマレントゲンを撮らないことには、今後の見通しなどについて何もお伝えできないような場合のみ、その費用として ¥3,000(消費税別)いただいております。
その後すぐに正式な検査を行うことになった場合は、その分は検査料から差し引きます。

初診・相談の後は?

その後の検査・診断に進むかどうか、治療をするか否かも患者さんの自由裁量ですので、そうした決定をするのに十分な情報を提供する場だとお考えください。
検査、診断の料金については、こちらのページの治療開始までのところをご覧ください。

治療の開始時期は(大人の場合)?

成人であればいつでもOKです。

治療の開始時期は(子供の場合)?

成人でなくとも、12才臼歯の萌出した中学生以上であればいつでもOKです(ただし、重篤な受け口の場合は成長終了を見極める必要があるので、もっと後になります)。

矯正治療はどういった方法をとるにしても、ブラケットを歯につけ、ワイヤーで動かす段階(エッジワイズ治療)を1年半ぐらいは経緯します。それが終了する時、第2大臼歯まで装置がつき、ちゃんと並んでいないといけません。なので、あまりに早くからエッジワイズ治療を開始し、かつスピードを追求すると、第2大臼歯をコントロールせずに終了、よくいう「ナンチャッテ矯正」になる可能性があります。
→参考:ブログ Takaorthology 2011.04.27【矯正】子供の矯正と開始時期・終わり方    
参考:ブログ Takaorthology 2009.09.07【矯正】12才臼歯を考えた矯正治療の開始時期

ただし、下顎が後退している上顎前突のお子さんの場合、下顎の成長が見込みやすい時期(11〜13才)にエッジワイズに先立つ治療を9ヶ月ほど加えるのが望ましいこともあります。ブログに関係することを書いてますので一度ご参照ください
参考: ブログ Takaorthology 2010.09.22  【矯正】バイオネータ:骨格的に下顎が後退している成長期に

反対咬合(受け口)の場合は、かなり早めのアプローチが必要になり、5,6才ぐらいの早期でも適応です。この時期の装置はお子さんの受け入れやすいムーシールドが第1選択となります。→ 装置:ムーシールド

診断に関して

矯正では歯を抜くと聞くのですが

矯正治療で歯を”抜く”、”抜かない”という話を聞いたことがある方はとても多いと思われます。歯を抜くという場合、その対象となるのは、小臼歯(第1 or 第2)、第2大臼歯(12才臼歯)、第3大臼歯(親知らず)の3タイプが主です。

どんな時に小臼歯の抜歯になりますか?

特に、「抜歯治療」とか「非抜歯治療」と言う場合、最初の「小臼歯」についてのことを指すのが普通です。

小臼歯の抜歯は歯列の中間歯の抜歯で、第3大臼歯の抜歯とは意味あいが異なり、矯正医も極力それを避ける診断をします。しかしながら、”ここまでは非抜歯”、”ここから先は抜歯” といった境界線は矯正医の経験・力量・審美眼によって異なるのが現状です。検査により、様々な数値データが出るものの、この値がこうだから抜歯・非抜歯が決定するという決定打は今のところないといっていいでしょう。このことに加え、難易度の高い非抜歯治療では患者さんの協力というファクターも重要になります。

この何年か、当院で抜歯治療の診断をしたケースは、下記の特徴が互いに絡み合っている場合が多いです。

成長が終了し、骨格性の歯槽部の上下顎前突が強い
口唇閉鎖に難のある無力唇で、鼻唇角が小さくオトガイの緊張も強く患者さん自身が側貌の改善希望が強い
・下顎下縁平面角が大きい骨格
・協力がまったく見込めないとき

どんな時に第3大臼歯(親知らず)の抜歯になりますか?

第3大臼歯の抜歯については、小臼歯の抜歯に比べて頻度は高く、次のような場合で適応と判断します。

・水平埋伏もしくは斜めに生えてきており、成人で非抜歯治療を行う時に、第2大臼歯や第1大臼歯の移動の妨げになると判断するとき

・多少萌出していても、装置はつけられず、手前の第2大臼歯の虫歯を誘発したり、知歯周囲炎の可能性が高い時

動的治療後の保定期間中に、リラプス防止の観点から

非抜歯治療について教えてください

小臼歯を抜歯しない治療がそれに当たるわけですが、矯正医の誰がどう見てもこれは抜く必要はないだろうと判断するケースは非抜歯治療と呼ぶのもおこがましいかもしれません。

では難しいのはどういう場合か。

叢生量(ガタガタ)が非常に大きい(片顎で合計8mm以上はある)、
前歯の前突量が大きい、
前歯の傾斜角度が大きい、
口唇閉鎖不全が認められる、etc

などのマイナス要因が大きい中でいかに小臼歯を抜歯せずに治療するかが、狭義の非抜歯治療ではないかと思います。

歯列弓というのはおおざっぱに言えば、U字型をしています。上下それぞれ、このU字型の船の上に歯が14本ずつ乗っていると想像してみてください。

問題の生じるのは、
・船の大きさがそもそも小さい、
・船の船尾が利用されずに前のほうに歯が集められている
などの場合です(他にもまだまだあるのですが)。

ガタガタや前突の状態というのは、歯が船に乗りきらずに、あしもとは船に乗っているが、体はもう外に乗り出しているようなシチュエーションです。全員乗り切れませんから、二人ほど下船してくださいというのが抜歯治療(少し強引なアナロジーですが)になりますね。

非抜歯治療は全員が快適に乗れるように、乗船エリアを広くするわけで、
・船自体のサイズを拡大、
・船尾、つまり後方の乗船エリアを開拓する方法がメインとなります。

実際には、
・歯列弓の後方拡大(単純に広げるのとは異なります)、
・大臼歯への後方へのリセットなどが必要になります。

適応であれば、装置としては、

・通常のデーモンシステムやリンガル治療に先立ち、GMDという装置で大臼歯を後方に移動させる
→ GMD
http://www.takaortho.jp/menu04/002/  の中程にあります

・デーモンシステムやリンガル治療に併用する形で、矯正用のミニスクリューを使用する
→参考:ブログ Takaorthology
矯正】矯正用のミニスクリューを利用した矯正治療

などが当院ではメインとなります。

治療期間について

ブラケットを歯の表面に接着し、ワイヤーで歯牙移動させている期間を動的期間といいます。

この動的期間はおよそ1年半ぐらいが多いです。初診の患者さんにはまず1年半ぐらいをみてくださいと説明することが多いですが、これが実際には1年ぐらいで終了することもありますし、まれに2年かかる場合もあります。

だいたい治療を開始してから半年もすれば最初気になっていたガタガタなどはほぼ完全にとれてしまうのですが、大事なのは前歯から一番奥の第2大臼歯まですべての歯牙を正しい位置にコントロールすることであり、それなりに時間がかかるものなのです。

そうしたコントロールなしにただ並べるだけであれば、治療期間は半年もあれば十分でしょう。ちゃんとした矯正医は必要ありません。なのでスピードをあまりに前面に出した広告などは注意が必要かもしれません。

目立たない装置は

●唇側:デーモンクリア
唇側からの治療では、当院ではデフォルトとしてセラミックタイプのデーモンクリアというブラケットを用いております(上顎の前歯から小臼歯まで)。
参考 → デーモンシステム http://www.takaortho.jp/menu04/003/

●リンガル:インコグニート、クリッピーリンガル
歯の裏側からのリンガル治療はインコグニートシステム、クリッピーリンガルを症例に応じて使い分けています。
参考 → リンガル  http://www.takaortho.jp/menu04/004/

●透明:インビザライン
移動量が少なく、短期間で終わりそうな症例などでは、インビザラインを選択するケースも増えています。
参考 → インビザライン http://www.takaortho.jp/menu07/

前歯だけ少し動かして欲しい

”前歯が少しゆがんでいる”、”前歯に少し隙間がある”、”他は気にならないのでそこだけできませんか?”という方も結構おられます。

部分的にだけ装置をつけて治療可能であれば、インビザラインは別にして、料金面、期間的にも低く抑えられる場合もあるので、いつもなんとか応えようと思うのですが、半分から〜2/3のケースで難しいことがあります。

一番の理由は、動かしたい歯が対合歯によって動きを阻害されるからです。つまり、然るべくしてそこにあるわけです。

また、本人は気にしていなくても、矯正医の目では奥歯が見過ごせない位置にあったり、ゆがみの量が見た目以上に大きく大規模な改変が必要なことも多いのです。

このように、部分的な装置では主訴をかなえるのが難しく、また安定性も悪いことが予想される場合は全顎の治療を勧めますが、それもままならないという場合は、治療は断念せざるを得ないと思います。

上顎前歯の正中離開を簡単に治したい

隙間を閉じる時に 歯は少し内側に入ります。それを踏まえた上で、

・咬み合わせがそれほど深くなく、下顎前歯に強く当たることもない
・問題がそこに限局されている

といった場合は、インビザラインや舌側からのクリッピーリンガルによる部分治療も可能です。

切端咬合や、少し受け口気味の場合は、上の前歯が内側に入ってしまうのは好ましくないので、下顎の歯列も含めた全顎の治療が必要になります。

上顎前歯の1歯のみに近い唇側転位や捻転は

軽度な場合は部分矯正でできることもあり、クリッピーリンガルによる部分矯正、インビザラインも検討します。

叢生(ガタガタ)の量が4mmを越えないことが条件のひとつになりますが、歯の幅を少し削合(0.3~0.4mm ほど)するストリッピングという処置がほぼ必要になります。

部分矯正の治療費用は

前歯のみの部分矯正を望む患者さんはほとんどが目立たないようにという希望も持っておられるので、なるべくリンガル、透明のインビザラインで対応しています。

このとき、インコグニートやインビザラインは部分にしても基本設定が全顎に比べてそれほど安価になりません。

クリッピーリンガルはこの点融通が効くことが多く、料金設定は動かす本数や上顎だけなのか、上下前歯なのかバリエーションが多く、幅を持たせております。→ 料金はコチラを参照

治療が開始されてから

来院間隔は

エッジワイズ装置(ブラケットとワイヤー)による治療の間は、唇側でも舌側でも、ほぼ月に一回の来院が必要と思われます。

特に治療の初期段階から9ヶ月ごろまでは確実に月に一回の調整をしたほうが、経験的には治療期間は短くなると思います(このあたりは治療メソッドによってもまちまちです)。

治療の終盤になり、太いワイヤーで歯根にトルクをかけている頃はもう少し間隔をあけることが多くなります。

痛みが不安なんですが

論からいうとそれほど心配は要らないのではないでしょうか。痛みが出るシチュエーションや種類はこれまでの経験では次の2つに分かれると思います。

・ワイヤーで歯を動かしはじめた時の前歯の痛み
・ワイヤの端に関係するもの(頻度は少ない)

予約のこと

完全予約制ですので、お待たせすることはないようにしていますが、まれに5分ぐらいずれ込むことがあります。

・当医院のすべての患者さんの円滑な治療進行のためにも、時間を守っていただき、歯も磨いた状態で来院していただくように徹底しています。幸いなことに、ほぼすべての患者さんが協力してくれ、ほんとに助かっております。

・もし、遅れるような場合は事前に連絡していただき、予約状況によっては後日へ変更してだく場合もあります。

スポーツは大丈夫でしょうか

競技にもよりますが、あまり心配いらないと思います。マウスピースを必要とする競技でもオーダーメイドのものを作り、対応していますが、歯の動きを幾分阻害することや、歯列の変化に伴い作り替えが必要なので、別料金もかかることを了解して頂いた上で行っております。

楽器は大丈夫でしょうか

クラリネットやサックスのようにリードを咬むような楽器は上顎前突の治療の時に少し影響が出ると思います。矯正でかけているのとは逆の方向に力がかかりますから。それでも最終的には治療はきれいに終了していますので、それほど心配はいらないと思います。

ホルンを吹いておられる患者さんで前歯にブラケットをつけてから、少しアーティキュレーションに変化が出たため、大事な大会まで一度装置をはずし、その後再開したというケースがあります。

旅行、長期出張の可能性が生じたが

2〜3ヶ月ぐらいのものが単発であれば大丈夫だと思いますが、それが頻繁にあることが予想される時は治療はかなり難しいと思います。今までそうしたケースはないのですが、歯列の状況によるとしかお答えできないですね。

急に遠方に引っ越すことになった場合

動的治療があともう少しで終了する段階で、何回かなら通えるということであれば、多少無理してでも2ヶ月に一度ぐらい来院してもらうことがあります。

治療序盤でまだだいぶかかるということであれば、進行状況に応じて治療費を精算し、転医先への資料を作成します。

転医自体があまりないのですが、転医先は偶然、知り合いの先生が近くにいたということであれば、そこにお願いしたこともあります。そうでない場合は、認定医の名簿などから探しますが、他に同じ装置を使用している先生をメーカーのセールスなどから聞いた上で患者さんに提案させていただくことがあります。他には歯学部のある大学があれば、そこの矯正科に依頼することもあります。煩雑ですが、そこから近隣のいい先生を紹介ということも多いからです。

日常生活について

歯磨きはそんなに重要なのですか?

歯磨きはそんなに重要なのですか?のイメージ
人の口の中はある程度の自浄作用が備わっていてます(歯牙の表面の微妙な曲線が唾液の還流を促すのです)。

しかし、矯正治療中は(特にエッジワイズの段階)、歯の表面にブレース(ブラケットとも言います)という装置をつけることになるので、この自然に備わった機能を阻害することになります。これにより、食べかすとかが停滞しやすく、プラーク(歯垢)という虫歯を産生する菌の温床が形成されてしまうのです。

よって、矯正治療中はこのプラークを歯磨きによりしっかり除去することがとても重要になってきます。これは虫歯の問題だけでなく、歯肉の腫れ(歯肉炎)や歯周病の観点からもとても重要です。

歯の裏側にブレースをつける治療の場合はさらなる注意が必要です。

治療中の磨き方は?

治療中の磨き方は?のイメージ

①矯正の装置がついていない状態でも、歯と歯の間の三角形の鼓形空隙(矢印のところ)はブラシの先が届きにくいので、磨き残しが出やすいのです。これで矯正のブレースがついたら、もったたいへんですよね。

当院では、電動歯ブラシを使用しない場合は、以下のような2種類の歯ブラシを利用した歯磨きを行ってもらっています(②の一束ブラシと④の歯間ブラシ)。

普通の歯ブラシで磨いたら、鏡でブレースの周りをチェックします。そうすると必ず磨き残しのプラークを見つかるはずです。そこを②の一束ブラシ(オルソワン:オーラルケア社)で磨きます。特に③の写真のようにブレースの下や角のところを下からこすりあげるように動かして磨きます。

治療中の磨き方は?のイメージ

これでだいぶきれいになりますが、最後に④の歯間ブラシ(DentExの太いタイプ:ライオン社)を⑤、⑥の写真のようにブレースの側面にしっかり当てて上下に往復ささせて磨きます。

言葉で書くと大変なように思えますが、だんだん上手にできるようになります。

電動歯ブラシはどうなんでしょうか?

電動歯ブラシはどうなんでしょうか?のイメージ

電動歯ブラシには大きく分けて、超音波による振動でプラークを落とすものと、ブラシの機械的な動きで汚れを落とすものの2種類があります。

前者の代表的なのが、上の写真(左)のソニケア(Phillips社)です。これは図抜けていいのですが、少し値段が高く1万7,8千円します。先端の替えブラシも3千円ぐらいします。後者のタイプで、当院でもなるべく使用してもらっているのが、写真(右)のブラウン社のオーラルBです。これは8 千円ほどしますが、替えのブラシも千円ほどで、その形もいろいろとあります。オーラルBは保護者の方で使用しておられる方も多くいて、お子さんの矯正用に替えブラシだけ買ってもらえれば少しの投資で済むメリットもあります。

電動歯ブラシはどうなんでしょうか?のイメージ
替えブラシのタイプには上の写真のような、・矯正用ブラシ、・歯間磨き用ブラシがあり、特に・歯間磨き用は優れもので、しっかりブレースにあてて磨けば、先のQ2のオルソワンと歯間ブラシによる歯磨きの効果を短時間で達成できてしまいます。当院の患者さんには、矯正の日には自分の替えブラシだけ持ってきてもらうようにしています。

しかし、どんなものを持っていても必ず、一度磨いた後に、プラークが残っていないかのチェックが大事なのは言うまでもありません。

参考記事
→ブログ: Takaorthology  2010.11.17  【矯正】 矯正治療中の虫歯---あるケース

矯正治療は甘いものはだめ?

人間誰でも甘いものが時々欲しくなるものです。チョコレート、クッキー、ケーキなどいろいろです。チョコレートは毎日少量食べるのはそのポリフェノール効果が体にいいとさえ言われています。ですので、矯正治療だからといってあまりに多くのものを我慢して修行僧のような生活を送る必要はないですし、そうあってはならないと思います。要は、好きなものを食べたりする自分のクオリティ・オブ・ライフは下げずに、生活上のルールだけは少し厳しくするといったことは必要です。例えば、食事後はすぐに歯を磨き、装置の周りの汚れを落とすことは基本ルールのひとつです。しかし、この食事後に歯を磨くというのは何も矯正治療中の人だけでなく、本当は世間一般のルールでなくてはいけないはずなのですが、それが常識になっていないところが根本的問題です。

ただ、お菓子の類で歯磨きがしにくくなるのものがあります。粘着性の高いキャラメルやガムは、結構たいへんだと思います。そういうもので装置が取れたりすることはありませんが、装置の種類やその治療段階によってはキャラメルやハイチュウーはしばらく控えてね!と教えることはあります。

また、ガムが凄く好きな人は、なるべくキシリトール100%のものが望ましいでしょう(キシリトール入りと書いてあっても100%ではなく、虫歯を作るミュータンスという細菌が燃料にできる糖分が成分のほとんどを占めている場合もあるので要注意です)。

治療中あまり好ましくない食べ物ありますか

キャラメルは粘着性があり、装置にからまやすい上に、虫歯の細菌にとっとはものすごい燃料源ですから、なるべく控えるのがいいと思います。ただし、食べたあとすぐに完璧に磨ける人はほどほどに食べていいかな。すぐに磨けなかったらダメですよ。

あとは、固い物を食べて装置がはずれるということがまれにありますが、今年になって2例経験しました。ひとつは「氷を食べている時に上顎の第2大臼歯のチューブがはずれた」、もうひとつは「梅干しの種を咬んだら、なぜか上顎の側切歯のブラケットがとれた」です。氷というのが意外と多いらしいです。

矯正は受験勉強などに影響が出ませんか?

まずはそれほど心配は要らないと思います。まず、受験の頃に治療を開始するようなことはありませんし、矯正治療では4〜5ヶ月を過ぎると安定期にはいり、来院の時にワイヤーを換えてもあまり痛みが出なくなります。そういう時期に合わせたり、受験の前などは大きな処置をせずにおいたりなどの調整も柔軟にできますので、ご安心ください。

また、自分から矯正治療をしようと思われるお子さんは自己管理能力が高いのだろうなと日々感じることが多いです。予約通りにきちんと歯を磨いた状態で来院し、あとで聞くと受験前日だったということもよくあります。もちろん何事もなかったように志望校に合格しているので、受験の絡みでいえば、こちら側は普段の口腔衛生の管理をちゃんと教えて、受験の直前では大きなことをしないぐらいですね、という他はありません。

保定について

ブラケットをはずしたら?

動的治療を終え、ブラケットをはずす日は患者さんにとって最高の日のひとつでしょう。大きな仕事をやりとげた感覚があるのではないでしょうか。

その後、矯正では保定(リテイン)というメンテナンスの期間に入ります。ブラケットをはずした直後の歯列は、若干、後戻り(リラプス)を起こす可能性があるためです。これは歯と歯の間の歯肉の中の繊維に、元あった位置に歯を戻そうとする力が残っているからです。

この後戻りの力に抵抗しつつ、歯列を安定化させていくのが保定(リテイン)です。

リテーナというのを入れるの?

そうです。でもちょっと待ってくださいね。リテーナはどんなものなのかは下に写真とかもあるのでイメージできると思うのですが、このブラケットをはずして保定に移行するタイミングというのがとても重要なのです。

はいブラケットをはずしました。あとはリテーナを入れてくださいね。入れずに問題起きたらあなたの責任!というのはあまりよろしくない(中には全く協力のないという場合もあるんですけどね)。前歯は比較的リジッドに安定化させ、小臼歯から大臼歯にかけて、はずした直後よりよく咬ませながら、でも緩く歯列全体を規制する。こうした状態を矯正医がいかに実現するかは、ドクターによってもいろいろとノウハウがありますので、ブラケットを撤去し、リテーナに移行する期間というのは、ものすごく大事で、私は最大限に重要視してます。

リテーナはどんな装置?

上にはどんな装置?のイメージ

まず上顎はこのように裏からボンディッドリテーナというものを接着、固定します。

上にはどんな装置?のイメージ

その上で、患者さん自身がとりはずしのできる可撤式のものを装着していただきます。左のようなワイヤー突きのものが一番耐久性もあり、よく使用されます。

上にはどんな装置?のイメージ リンガルの患者さんでは強度が少し劣りますが、このように前方部分が透明になっているのもよく使用します。

下のリテーナはどんな装置?

下にはどんな装置? 下顎の前歯も上顎と同じく、歯の裏側にボンディッドリテーナを接着・固定しておきます。上顎に用いるのと少し材質が異なるものを用います。

上顎のように可撤式のリテーナは下顎では使用しません。

リテーナの期間は?

歯の裏につけるボンディッドリテーナは、特に下顎は可能であれば半永久的につけておくのがいいと説明しています。

下顎は歯石とかもつきやすい人が多いので、3〜6ヶ月に一度来院していただき、クリーニングを行っています。このボンディッドリテーナも1年半〜2年に一度はいったん撤去し、徹底的にPMTCをしてから、再び、新しいのを接着します。料金も安心してください。保定にはいってからは、3〜6ヶ月、もしくは半年〜1年に一度の来院ですし、このボンディッドリテーナを新しく新調したときでも三千円の料金しかかかりません。

そして、自分でとりはずしのできる可撤式のリテーナについては、

①最初の6ヶ月:リテーナを食事以外の時は装着、3ヶ月に一度来院してもらい調整

②次の6ヶ月~1年:在宅時のみ装着、3ヶ月に一度来院してもらい調整

③その後:就寝時に隔日装着、6ヶ月~1年に一度来院してもらいチェック

リテーナの装着をフリーにした後も、長期的に見せていただきたいので、半年~1年に一度ぐらい定期チェック

中学生ぐらいで終了した患者さんの場合は、第3大臼歯が萌出してくる18~20才ぐらいまでは半年~1年に一度ぐらいの定期チェックを行っている場合が多いです。

治療後に後戻りが発生すると聞いたことがあるのですが

治療後、何年もたってから経年的に、前歯部に微妙なガタガタが発生したりするのを後戻り、リラプスといいます。

原因はいろいろありますが、特に下顎は第3大臼歯(親知らず)の影響が少なからずあると思われます。斜めに生えてきたり、手前の第2大臼歯を前に押し上げるような萌出力が存在すると考えられるからです。

これによる影響を限りなく避けたいこともあり、↑にあるように下顎のボンディッドリテーナは長くつけておくのを基本にしています。

その他

もうすぐ50才になりますが矯正可能ですか?

歯の根っこを支えている歯槽骨がしっかりしていれば大丈夫だと思われます。歯周病が進行し、歯牙の動揺が大きかったり、また欠損している箇所も多数に渡ると難しくなります。

また、骨がしっかりしている場合であっても、歯肉の退縮部位はあるものなので、歯牙移動の過程で歯根が露出しやすいこともリスクとしてあらかじめ伝えておかねばらないことだと思います。

歯周病に罹患していなくても、少し骨は吸収しはじめてるのが普通です。なので、治療後に歯と歯の間の三角形の鼓形空隙が目立つような印象を受けることもあるかもしれません。これを避けるために、歯根の方向を通常よりも微妙に変えたり、ストリッピングで歯槽頂での歯根間距離を小さくしたりします。

このような細かいリスクは、ガタガタがとれたり、前突していた歯牙が中に入ると皆さんすごく喜んでくれ、最初は気にしていないのですが、やはり重要な問題です。よって、矯正だけでなく、一般歯科の先生とも共同で歯肉の問題に取り組むことを了承していただいてから始めるのがよろしいです。

顎関節症と昔、言われたことがあるが治療できますか?

顎関節症という名前は誤解を与えやすい病名ナンバーワンかもしれません。この病名を聞いて、関節部と異なる部位の筋肉の症状が問題になっているのだと想像できる一般の人は少ないでしょう。学会の分類でも、筋障害は顎関節I型となっており、紛らわしい。できれば、筋障害は顎関節症と完全に切り離して欲しいものです。

さて、今まで「昔、顎関節症と言われたことがある」と自己申告された方で、関節内部障害のステージII まで進行している方はめったに見たことがありません。実際には関節内部は正常で、なんらかのストレスが誘因となって生じた筋の痛みを主にした筋症状のみというのがほとんどです。この場合、それほど心配は要りません。

こうした筋症状が時折発生するケースでは、咬合器で分析すると、最後方臼歯に早期接触が普通にあります。そして、矯正治療により、それは自然に解消されます。こうしたタイプの方で今まで治療中に筋症状が強く出たケースは未だにありませんが、その可能性については必ず言及するようにしています。また、筋症状はすべて咬合に関係しているわけでないので、症状は残ってもおかしくないということも説明しています。

むしろ、気をつけなくてはいけないのは、自己申告のない場合で、関節円板の内側極がロック気味になっているのではと思わせるぐらい進行している所見が認められる時です。こうした時は病院にMRIを撮りにいっていただき、関節内部の精査が必要です。

 参考記事
→ ブログ:Takaorthology
 2011.02.01 【矯正】咬合筋障害

銀歯や差し歯があるが矯正治療は可能?

可能な場合がほとんどだと思います。ブリッジに関しては、そのまま装置をつけることも可能ですが、歯の移動計画によってはブリッジをいったん撤去する必要のある場合もあります。たとえば、ブリッジの欠損部位のスペースを少し閉じる必要がある場合などです。

衛生状態が悪かったりすると、修復物や銀歯の中や周辺がまた虫歯にかかります。もし、大規模な治療が必要そうな時は、連携する一般歯科医院さんで、すべての部位の銀歯をいったん撤去し、虫歯を完全に治していただきます。その上で、レジン製の仮の歯をかぶせておいてもらいます。その状態で矯正します。

矯正が終了して、半年ほど安定を確認してから、仮の歯をやりかえてもらうことになります。それを保険でするか、自費のものにするかについては、患者さんと歯科医との相談になると思います。
お問い合わせ