HOME > 症状別メニュー > 受け口

受け口

反対咬合(受け口)

治療カテゴリ 反対咬合 NON EXTRACTION
開始時期が遅い場合

小児期では前歯の反対咬合だけに焦点をあてますので、それが治った後に観察期間を設けるのが普通です。
しかし、開始時期が遅い場合や成人の場合は、最初からガタガタの治療などを含めてトータルに治すことを前提に治療を開始します。

見た目は反対咬合でも骨格的にはそうでない場合も

前歯の関係だけ見ると受け口でも、骨格的にはそうでない場合もあります。
成人でもこのような場合は治療が楽になります(骨格性の反対咬合で成人の場合は外科矯正の適応となることが多くなります)。

お問い合わせ