HOME > 症状別メニュー > 受け口(小児期)

受け口(小児期)

小児期の受け口

治療カテゴリ 反対咬合(小児期)

二つの種類
二つの種類のイメージ

反対咬合は受け口とも言われますが、下あごが出ている場合と上あごが後退している場合のふたつのタイプがあります。

日本人の場合は、上アゴの発育が悪く、結果的に下のほうがでている状態になるタイプが多いとの報告があります

幼少期の反対咬合はできれば早めに治しておくほうが
幼少期の反対咬合はできれば早めに治しておくほうがのイメージ

大人の前歯に生え変わる頃、受け口の状態になっている場合、その原因は先にあげた骨格性の要因、また単純に歯の生えてくる方向が悪いなど、様々です。

原因が歯の生える方向だけの場合でも、そのまま思春期性の成長のころまで放置しておくと、上顎の前方への成長が阻害されたり、下の前歯がどんどん突き上げてきて、治すのがとても難しくなったりします。

正中のずれによるアゴの偏位も
正中のずれによるアゴの偏位ものイメージ

前歯が反対咬合になっていると他にも問題が生じることがあります。アゴの偏位です。

前歯は咬むときにうまく落着く場所を探して機能します。前歯が逆転しいると、多くの場合、真ん中がずれた状態で機能するようになります。

このまま成長・発育期に進むと、骨の長さなどにも左右差が生じ、骨格的な偏位として定着する可能性もあるわけです。

8才頃まではムーシールドという装置も有効
8才頃まではムーシールドという装置も有効のイメージ

このページの治療例のほとんどはムーシールドという装置で治療しています。
ムーシールドについて →  http://www.takaortho.jp/menu04/002/

参考→ムーシールドを使用するには年齢が高い子供の受け口の治療:
http://www.takaortho.com/2010/12/blog-post.html

比較的簡単に治る場合

骨格的な受け口の程度が小さい場合は、とりはずしのできる装置でおよそ半年ぐらいで写真のように改善し、その後定期観察に至ることが多いです。

その後、通常の矯正治療の開始時期になった段階でガタガタなど問題があれば治せばいいわけです。早めに前歯の被蓋を治しておくことが重要なのです。そうしたガタガタなどの問題もなければ矯正治療はしなくて済みます。

また、写真を見ればわかるように、前歯の位置関係の改善だけでなく、正中のずれも同時に治っていることがとても大切です。

もう少し難しい場合

骨格的にもう少し難しくなると、期間は簡単な場合と同じくらいですが、上の前歯を後ろから前に押す固定式の装置を加えたりすることも多くなります。

こうしたケースでは、ガタガタの問題も、先の例よりシビアなので、通常の開始時期になった段階で、本格的な矯正治療を必要とする場合が多いといえます。

難しく、長期観察が必要な場合

早期治療の段階で、上顎の発達が悪いと認められ、反対咬合の度合いも大きい場合は、とりはずしのできる装置では多くの場合治りません。積極的に上顎の前方成長を誘導するような固定式の装置を使用して治療します。

治療期間も1年~1年半と長めにかかり、被蓋改善が落着いたら、定期観察になります。

こうしたケースでは、思春期性の成長の頃に下顎の成長が急激に増加し、反対咬合が再発する可能性も少なからずありますので、長期にわたる観察が必要となります。

お問い合わせ