HOME > 症状別メニュー > 前歯に隙間がある

前歯に隙間がある

前歯の隙間

前歯の隙間のイメージ
前歯の隙間

前歯に隙間がある場合の治療はその原因によって治療法が大きく異なります。軽度の場合は片側だけの治療で済む場合もあります。
気になっておられる方は、矯正医に一度相談してみることをお勧めします。

幼少期の正中離開

小学校の3年生ぐらいで、まだ本格的な矯正治療をするには早いけれども、前歯の隙間が大きく、隣の2番目の歯(側切歯)の萌出障害や位置異常の原因になっていると考えられる場合もあります。

写真のように、部分的に装置をつけ、正中離開と隣の歯の位置異常をおおまかに治しておくことがあります。幼少期の反対咬合と同じで、このような早期介入をしておくほうが後の顎骨、歯列の成長に有利に働くと考えられる時です。

お問い合わせ