Takaorthology

2015年1月31日 土曜日

【矯正・お知らせ】エピオスエコシステム導入と院内勉強会

学ぶことはダイヤモンドと同じく永遠である。
リチャード・ザキア(Richard Zakia)


昨年の11月に歯科ユニット内の汚染とそれを完全に無菌化するシステムの話を聞く機会がありました。そして、当院のような矯正医院でも最善の治療を行っていくうえでは水質汚染の問題を避けて通ることはできないし、このエコシステムの導入にこぎつけました。昨日までその工事と勉強会を行っていたところです。

現在、ユニット内チューブもすべてフッ素コーティングの最新のものに入れ替え、ユニット内の水、シリンジ、超音波スケーラ、タービンなどすべてに殺菌水を連続で流しています。他の手洗いや歯磨きコーナなどの水もこの殺菌水です。




また、上記の除菌水とは濃度、pH値の異なる、口腔内のバイオフィルムを除去する機能の高い、エピオスウォーターも産生し、新しい口腔ケアの方法も提案していきますので、当院の患者さんに大きく寄与できると思います。




投稿者 高尾 祝文 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年1月14日 水曜日

【矯正】舌尖の位置を覚える

同じことを述べた理論や説明が2つある場合、その他の条件がすべて同じであれば、シンプルなほうが好ましい
オッカムのウィリアム(William of Ockham)

 

矯正治療では、一貫して舌の正しいポジションをキープしてもらうことを重要視します。

動的な治療中はもちろん、保定に入ってからも、開咬(オープンバイト)のケースなどでは舌尖の位置の不断の確認が大切です。正しい位置にゼラチンを貼り付け、そこに舌尖を位置づけることで覚えてもらいます
(このゼラチンは30分ぐらいで溶けてなくなりますが、ラテックスアレルギーのある方には使用しておりません)。

ただし、このスポットの位置を覚えてもらう前提として、
・トレーニングを通して、舌自体の力をつけること
・舌小帯の問題が解決できていること

がとても大切です。




投稿者 高尾 祝文 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年1月13日 火曜日

【矯正】矯正治療における診断についてのちょっとした話し

一方は状況に適応するように計画を作り、一方は計画に適合するように状況をつくるだろう
ジョージ・S・パットン将軍


矯正治療で検査が済むと、2週間後ぐらいに「診断」という日が設けられます。
矯正の診断では、病名をつけたら終わり、ではなく、

・骨格・歯牙・軟組織の治療目標
・それに必要なメカニクス
・それに必要なアウェアネス・トレーニング
・それらのスケジュール


を説明するという、いわば患者さんへのプレゼンのようなものです。

私たちの医院では、例えば歯牙移動のプランニングであれば、次のような目標図(VTOと言います)を用意します。





これらはおおまかな設計図のようなもので、診療時は毎回このVTOを参照しつつ、治療を進めていくことになるのです。

最終的には1人の患者さんにひとつの設計図、VTOができるわけですが、その過程では、何通りかのプランを用意することが少なくありません。

例えば次のように、小臼歯を抜歯する場合と、抜かない場合のプランを提示し、患者さんは口元の大きな後退が実現できる抜歯治療を望むことがあります。




しかし、このケースでは抜歯しない選択枝をこちらからは勧めました。理由は、上顎前歯と「切歯管」という管が近接しているように思えたからです。前歯の移動方向に、この切歯管がかぶると歯根の吸収の恐れがあります。
そこでCTの撮影を依頼し、チェックしたところ、実際にかなり接近しており、抜歯して治す場合の前歯の移動では歯根吸収のリスクが高いと判断しました。





 

以上長くなりましたが、矯正の医院では、多かれ少なかれこのような診断を毎週いくつかずつ仕上げていっているわけですね。





投稿者 高尾 祝文 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年1月13日 火曜日

【矯正】筋機能のトレーニング

われわれは予期せぬものにつまづいたときよりも、予期したことが起こったとき、驚くものである。
エリック・ホッファー



当院での矯正治療中は必ず、筋機能のトレーニングも同時に行っていただくようにしています。お口の周りの筋肉だけでなく、姿勢や癖(態癖)にも関連することなので、当院ではAT(Awareness Trainingアウェアネストレーニング)と呼んでいます。

この連休中に副院長が東京までその勉強会に参加してきました。毎回、普段の臨床に取り入れるべき知見には目をみはるものがあります。今回は特に、

・顎位安定と舌房拡大のためのレジンキャップ
・寝ている時の姿勢の矯正のためのチンキャップ
・小帯伸ばしトレーナー(写真はこれに関連するもの)

などを学んできました。
さっそく今日からのATに取り入れていきます。

投稿者 高尾 祝文 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年1月10日 土曜日

【お知らせ】1月中の臨時休診日について


2015年1月ですが、下記のとおり臨時の休診日をとらせていただきます。

1月11日(日):咬合育成の勉強会のため東京に行きます
1月30日(金):医院に新しい機材を導入するのに伴う設備工事を前日の木曜から行います

特に30日(金)の前後はご不便をおかけしますが、何卒ご了承いただきますよう御願いいたします。

投稿者 高尾 祝文 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

お問い合わせ

タカオ矯正歯科クリニック

〒606-8105
京都市左京区高野上竹屋町15−5

交通機関:

  • 叡山電鉄 一乗寺 下車 徒歩で西に3分
075-724-8814

診療時間:
10:00~12:00 / 15:00~19:00

  • RSS配信
  • RSSヘルプ