患者様の声

2012年5月18日 金曜日

【矯正】骨格的にオトガイ後退の大きい上顎前突ケース

『Smile Voice 患者様の声』更新しました。
骨格的にオトガイの後退感の大きい、シビアな上顎前突に分類されます。以前の矯正治療で第2大臼歯が抜歯されており、咀嚼筋にとって中立なCRという顎位にすると、中心咬合位よりさらに下顎は後退していました。
さらに下顎はスリーインサイザーでしたので、臼歯関係、犬歯関係はやや3級気味にフィニッシュさせることにしました。
矯正用のミニスクリュー(TAD)などを多用し、デーモンシステムで治療しています。
フラッシュの swf ファイルはこちらです→http://www.takaortho.jp/cat31805/#21733


●側貌の変化
オトガイ筋の緊張、口唇閉鎖不全がともに大きく改善されました。





●側方のレントゲンで変化を分析
(緑のほうが治療後です)
下顎臼歯の圧下により、下顎を反時計回りに回転させています。





●骨の中での歯の移動について

(緑のほうが治療後です)

上顎前歯の移動量はかなり大きかったですが、歯根も保全されていると思います。




●口腔正面観の変化






●口腔:前歯部オーバージェットの変化





●口腔 右側の変化





●口腔 左側の変化




ご本人さまから矯正治療についての感想コメントをいただきました。
本当にありがとうございます。



以上、ご一読たいへんありがとうございました。
タカオ矯正歯科 院長 高尾祝文 



投稿者 高尾 祝文 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2012年5月12日 土曜日

【矯正】動処終了後6年経過した初期のSTBケース

STB というリンガル矯正用のブラケットが発売された当時、それまでのものよりだいぶ小型化されました。
当院でも非抜歯が可能な叢生ケースの多くに利用しました。
当時はミニスクリューもなく、大臼歯の遠心移動もほぼGMDという装置だけで行っていました。
大臼歯の遠心移動後に、リンガルブラケットを装着

この方でSTBは、3例目ぐらいだったと思いますが、今もちゃんとメンテナンスに通っていただいております。
昨年、動処終了後6年ぐらいの写真を撮らしていただいた際に、コメントもいただきました。

昔の顔面写真は私の技術がなっておらず、うまく撮れてないのが多いのですね^.^;
なので、患者さんに「掲載了解」を得るペーパーに印刷したものも、斜めからの写真だけにしました。

以下、初診時と昨年のものです。
当時は上顎にボンダブルリテーナを適用していませんでしたが、よく安定していると思います。

●Smile/Oblique



●Front







●Anterior









●Right









●Left







以上、ご一読たいへんありがとうございました。
タカオ矯正歯科 院長 高尾祝文 



投稿者 高尾 祝文 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2012年4月26日 木曜日

【矯正】ライトフォースで反対咬合を大きく改善したケース

『Smile Voice 患者様の声』更新しました。
骨格的には少し反対咬合の度合いが強く、動的治療後も念入りな観察の必要なケースです。
動的治療自体は患者さんの協力が素晴らしく、13ヵ月で終了しました。
フラッシュの swf ファイルはこちらです→http://www.takaortho.jp/cat31804/#31845

歯列正面の変化





側貌の変化





側方のレントゲンでの骨格的な変化




これをもとに側方の変化を特に口元にあわせて見てみると
(緑のほうが治療後です)






スマイルの変化
正面スマイル:治療前
正面スマイル:治療後




歯列右側の変化




歯列左側の変化






側方スマイルの変化
最初は下の歯しか見えませんでしたが、バランスのとれた素晴らしいスマイルになりました。
矯正治療の醍醐味です。






実際に歯牙・顎骨が13ヵ月でどれぐらい動いているか(こうした重ね合わせを矯正では必ず行います)




治療は最初から最後まで一貫して弱い力で歯牙を動かすライトフォースシステムを採用しましたが、上顎前歯、上顎骨の前方歯槽部に大きな変化がでていることが確認できます。大きく動かしても歯根へのダメージはほとんどありません。


お母様とご本人さまから矯正治療についての感想コメントもいただきました。
本当にありがとうございます。
患者様の声



以上、ご一読たいへんありがとうございました。
タカオ矯正歯科 院長 高尾祝文 


投稿者 高尾 祝文 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2012年3月 7日 水曜日

【矯正】上顎犬歯が埋伏した反対咬合のケース

『Smile Voice 患者様の声』更新しました。
上顎の犬歯が埋伏しており、これを開窓・牽引した反対咬合のケースです。
写真が多いこちらもご覧ください→http://www.takaortho.jp/cat31804/#31111





初診では受け口と叢生が主訴でしたが、レントゲンを撮ると、上顎の右側の犬歯の位置があまりよくありません。
犬歯の歯冠の位置が、側切歯の歯根と重ならないほうがよく、これは今後、チェックの継続が必要と伝えました。
また、場合によっては適正な時期に乳犬歯を抜歯することで、埋伏が回避できる可能性もあるけれど、このケースでは難しいと感じました。





それから2年後ですが、やはり右側の犬歯は顎骨の中にとどまったままとなり、治療を開始しています。
骨の中に埋まっている犬歯を牽引中です。基本的には、こうしたケースでは牽引してくる歯のためのスペースをまず確保します。







動的な治療が終了したところです。側切歯の歯軸の位置づけも微妙な問題ですが、件の犬歯の歯頚部の歯肉が退縮してしまいました(いろいろな要因があります)。これについては4年経過した段階で進行は見られませんが、今後粘膜の移植も検討する時期があるかもしれません。

昨年、定期観察で来院された時に、お母様とご本人さまから矯正治療についての感想コメントをいただきました。
本当にありがとうございます。




タカオ矯正歯科 院長 高尾祝文 

投稿者 高尾 祝文 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年12月29日 木曜日

『患者様の声』更新しました    《京都の矯正》

過蓋咬合・下顎遠心咬合のケースがひとつ加わりました。
写真をクリックすると、Flashのswfファイルにジャンプいたします。

投稿者 高尾 祝文 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年12月17日 土曜日

【お知らせ】『患者様の声』更新しました

上顎前突・空隙歯列弓のケースがひとつ加わりました。
写真をクリックすると、Flashのswfファイルにジャンプいたします。


投稿者 高尾 祝文 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年12月 1日 木曜日

【お知らせ】『患者様の声』更新しました

『患者様の声』に叢生・上下顎前突・開咬のケースがひとつ加わりました。
写真をクリックすると、Flashのswfファイルにジャンプいたします。

投稿者 高尾 祝文 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年11月21日 月曜日

【お知らせ】『患者様の声』ページ開始しました

『Smile Voice:患者様の声』 のページを新しくメニューに加えました。


開業当初より、当院でもよくアンケートをとらしてもらっていたのですが、そのほとんどの質問が
・矯正治療でたいへんだったことはありましたか?
・当院で、改善希望のあるところを教えてください
etc
という、かなり後ろ向き(?)のものを患者さんにお願いしてました。
さあ、よくなったでしょう!、何か当院を賞賛するようなこと書いて下さい!という雰囲気を漂わしたアンケートをなかなか患者さんにお願いできたかったんです。

最近は私の性格もだんだん図々しくなり、この2年ぐらいは普通にお願いできるようになり(^.^)、これから矯正治療をされる人や、矯正を考えている人達のためにということで、なんと200人!近くの方が協力してくれました。すごくありがたいです!

今後、時間の許すかぎり、それらをムダにしないためにも、少しずつ更新していきますのでよろしくお願いいたします。

投稿者 高尾 祝文 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

お問い合わせ

タカオ矯正歯科クリニック

〒606-8105
京都市左京区高野上竹屋町15−5

交通機関:

  • 叡山電鉄 一乗寺 下車 徒歩で西に3分
075-724-8814

診療時間:
10:00~12:00 / 15:00~19:00

  • RSS配信
  • RSSヘルプ