Takaorthology

2016年5月16日 月曜日

【矯正】矯正治療での「咬み合わせ」について

初診・相談時の問診票の「一番気になるところはどこでしょうか?」の問いには、「前歯のガタガタ」、「前歯が出ている」などの他に、「咬み合わせ」とか「咬み合わせが悪い」と答える方がとても多くおられます。ひとくちに「咬み合わせ」と言っても、ものすごく幅の広い概念であり、説明するのは難しいのですが、我々矯正医が普段の治療で理想としている、「咬み合わせ」(以後、「咬合」と記します)というのがあります。


↑の写真で、上はナソロジーという補綴分野での理想モデル。下の写真は素晴らしい咬合の天然の標本です。矯正ではこちらを理想とし、そこから多くの特徴を抽出し、治療に応用するわけです。

例えば、治療も終盤になると、咬合の「微調整」の段階があるのですが、矯正の先生が神妙な顔つきで、模型もしくは口腔内にゲージを当てながら、「う〜ん......」とうなっているかもしれません。それは歯列にはバッカルプレーンというのがあり、その平面上に「定められた7つの咬頭」がフィットしているのがいいとされているからです(ただ、これは非常に難しいです)。


もっと原則的なこととして、上顎の歯牙は下顎のどこにコンタクトしたらいいのかというのがあります。↑の写真は有名な「顎関節と咬合」に関する比較的有名な成書ですが、これぐらいの用件ではアバウトすぎて、実際の矯正の臨床ではまったく使いものになりません(驚)。それに、この図では、上顎の近心口蓋咬頭が下顎の中心窩にコンタクトしているように見えますが、矯正での理想咬合としてはそれは間違っています。


 

矯正医はどことどこがコンタクトするかについては、ナンバリングして番号で覚えている場合が多いと思います。非抜歯で24個番号を振りますが、そのうち重要なのが3〜4個あります。
例えば、カルテにも「14番OK」とか、「6番?なので,14の精度をチェック、場合により付加装置」、「#7?、オフセット必」となどと書きます。
そうやって毎回少しずつ、「咬合」を作っていくのが矯正治療とも言えます。

投稿者 高尾 祝文 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
お問い合わせ