Takaorthology

2015年4月28日 火曜日

【矯正】動的な治療から保定へ










矯正治療の期間はおおまかに二つの期間に区切ることができます。
1 動的な治療期間(動処期間):2年〜2年半
2 保定期間:長期間

ひとつめの動処期間にはさらに
1−1 大きな移動の段階
1ー2 仕上げの段階
に分けられます。

"大きな移動"というのは、歯列の幅径を拡大したり、ガタガタをきれいに並べたり、さらには抜歯後の前歯の牽引や空隙の閉鎖など本家本丸の段階です。
次の"仕上げ"で、歯根の方向や傾き、細かな凹凸の調整などに時間をかけます。これが非常に重要です。

この仕上げが終了すると、待ちに待ったブラケットがはずれる日が来て、保定になるのです。

タカオ矯正歯科では保定期間中は在宅時に取り外しの可能なリテーナーという装置を使用してもらいますが、上下の前歯の裏側に固定式のボンダブルリテーナも接着します。これを同じ日に上下同時に行うと、かなりの時間がかかるので、当院では上下どちらか一方から保定にはいることにしています(↑の写真では上顎から)。



投稿者 高尾 祝文 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
お問い合わせ