Takaorthology

2012年5月27日 日曜日

【矯正】歯磨きとエラスティック

矯正治療では、患者さんの協力が欠かせない大切なものが何個かあります。
まず、ひとつは歯磨きです。もうひとつは、治療方法によって異なりますが、矯正医が処方するエラスティック(顎間ゴム)をしっかりと使うことです。
この二つが確実にできると、治療は確実に進行するように思います。

本日来られた患者さんの中で、どちらも素晴らしくできていた方がおられたので、口腔内写真をお見せします(ブログにのせることを快く承諾してくださいました)。

●歯磨き


前方を拡大すると


このような感じですが、かなり複雑です。来院されてから犬歯にかけているモジュールは交換しましたが、私のほうで他に何も手を加えていません。でも、これだけキレイにされてます。
前回よりワイヤーとブラケットを縛る「結紮」が複雑になっているのですが、ものともしてません!

どれだけ複雑で磨きにくいかというと、
・歯の間に隙間ができないように、犬歯~犬歯まで6本の歯を結紮でつないだ上に、
・ワイヤーを組み込み、
・それを切歯は単純に結紮、犬歯はダブルオーバーという結紮をし、
・犬歯にはその上から、前歯後退のためのモジュールがかかる
という4重構造になっており、そこを磨いてもらっているわけです。

さらに、その犬歯にはエラスティックを患者さんにかけてもらってますので、本当に頭が下がる思いです。


●エラスティック(Elastic、顎間ゴム)
歯の移動方向をコントロールしたり、それをそれを促進させるのに、このエラスティックというゴムを患者さんには、ご自身で装着してもらうことがあります。
これはデーモンシステムでも、裏側からのインコグニートでも、どちらでも同じです。


別の患者さんです。エラスティックの装着の仕方が複雑なのですが、ちゃんとできています!



投稿者 高尾 祝文 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
お問い合わせ