Takaorthology

2012年5月18日 金曜日

【矯正】骨格的にオトガイ後退の大きい上顎前突ケース

『Smile Voice 患者様の声』更新しました。
骨格的にオトガイの後退感の大きい、シビアな上顎前突に分類されます。以前の矯正治療で第2大臼歯が抜歯されており、咀嚼筋にとって中立なCRという顎位にすると、中心咬合位よりさらに下顎は後退していました。
さらに下顎はスリーインサイザーでしたので、臼歯関係、犬歯関係はやや3級気味にフィニッシュさせることにしました。
矯正用のミニスクリュー(TAD)などを多用し、デーモンシステムで治療しています。
フラッシュの swf ファイルはこちらです→http://www.takaortho.jp/cat31805/#21733


●側貌の変化
オトガイ筋の緊張、口唇閉鎖不全がともに大きく改善されました。





●側方のレントゲンで変化を分析
(緑のほうが治療後です)
下顎臼歯の圧下により、下顎を反時計回りに回転させています。





●骨の中での歯の移動について

(緑のほうが治療後です)

上顎前歯の移動量はかなり大きかったですが、歯根も保全されていると思います。




●口腔正面観の変化






●口腔:前歯部オーバージェットの変化





●口腔 右側の変化





●口腔 左側の変化




ご本人さまから矯正治療についての感想コメントをいただきました。
本当にありがとうございます。



以上、ご一読たいへんありがとうございました。
タカオ矯正歯科 院長 高尾祝文 





投稿者 高尾 祝文 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
お問い合わせ